本文へ

色変更

  • 標準
  • 色変更1
  • 色変更2
  • 色変更3

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

ホーム > 行政情報 > 産業・ビジネス > 農業 > スマート農業推進事業の実施に係る事業者(企業等)の募集について

スマート農業推進事業の実施に係る事業者(企業等)の募集について

 高根沢町水田農業確立対策室(JAしおのや・高根沢町等で組織)では、農業者の高齢化や後継者不足が進展するなか、農業の持続的発展のために町内の農業者の協力を得て、スマート農業の有効性を確認し、導入することで農業経営の効率化、農業所得の向上を目指し、令和3年2月から「高根沢町水田農業確立対策室スマート農業推進事業」に取り組み、実証実験の結果、一定の効果をあげることができました。

 ついては、引き続き、次のとおり高根沢町水田農業確立対策室スマート農業推進事業を実施するので、実証実験に協力していただける事業者(企業等)を募集します。

 

1.事業概要

農業者と事業者(企業等)に協力してもらい、実証実験を通じてスマート農業技術の有効性を確認し、導入を推進することで、農業経営の効率化、農業所得の向上を目指します。

 

2.募集事業者

自社開発の製品を取り扱っている、企業・研究機関

ドローンや直線アシスト田植え機、無人トラクター、自動操舵システム、水管理システム等、申込事業者(企業等)が有するスマート農業技術の有効性について、実証実験を通じて証明することを希望する事業者(企業等)

 

3.サポート内容例

実証実験協力農業者のあっせんを行います。

実績報告後、町内農業者へ情報提供を行います。

実証実験協力農家の負担はありません。

 

4.事業費用の負担

事業費用については、原則、全て実証実験申込事業者(企業等)の負担とします。

(実証実験に使用する製品の故障、盗難等に伴う補償も含みます。)

 

5.事業実施期間

採用後から令和5(2023)年3月31日まで(最長)

 

6.提出書類および部数

提出書類 提出部数
①企画提案書(任意様式) 6部
②法人登記事項証明書(法人の場合)

正本1部

副本5部

(コピー可)

③団体の定款、寄付行為、規約その他これらに相当する書類

7.受付期間および方法

令和4(2022)年1月17日(月曜日)から2月4日(金曜日)

高根沢町水田農業確立対策室宛てに、

提出書類を郵送(2月4日(金)17時(必着))

〒329-1217

栃木県塩谷郡高根沢町大字太田750番地1

メールアドレス:suiden@town.takanezawa.tochigi.jp

 

8.事業の流れ

 (1)企画提案書(任意様式)を郵送で提出(2月4日(金)17時(必着))

 (2)提案内容の確認

 (3)高根沢町水田農業確立対策室審査委員会での審査

 (4)結果の通知(2月中旬)

 (5)町内農業者のあっせん

 (6)実証実験等のサポート開始

 (7)実績報告書の提出

 (8)町内農業者へ情報提供

 

9.運営要項

「高根沢町水田農業確立対策室スマート農業推進事業運営要項」PDFファイル(PDF:112KB)

 

10.実施主体

高根沢町水田農業確立対策室

 

11. 前回(令和3年3月採択)の実証実験の主な概要

①採用企業名:株式会社farmo(ファーモ)

栃木県宇都宮市上欠町866番地1

②事業内容 :水管理システム(水位センサーおよび給水ゲート)の実証実験

③協力農家 :7名

④事業結果 :労働時間の削減、ガソリン代削減

約1,300件の農家へ水管理システムの実証実験結果を送付

⑤補助事業 :一定の有効性が確認できたため、補助事業を設定

製品購入(税抜)価格の5割補助(補助による購入台数制限あり)

農業者約30名が補助事業を活用して、製品導入予定

お問い合わせ先

高根沢町 水田農業確立対策室
〒329-1217 栃木県塩谷郡高根沢町大字太田750番地1
TEL:028-676-1441 FAX:028-676-1505
お問い合わせフォームへ

お知らせ

ページの先頭へ

サイトマップ