本文へ

色変更

  • 標準
  • 色変更1
  • 色変更2
  • 色変更3

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

ホーム > 行政情報 > 入札・契約 > 令和2年3月から適用する公共工事設計労務単価及び設計業務委託等技術者単価の運用に係る特例措置等について

令和2年3月から適用する公共工事設計労務単価及び設計業務委託等技術者単価の運用に係る特例措置等について

令和2年3月から適用する公共工事設計労務単価および設計業務委託等技術者単価の上昇に伴い、技能労働者の適切な賃金水準の確保の観点から、特例措置等を実施します。

令和2年3月から適用する公共工事設計労務単価及び設計業務委託等技術者単価の運用に係る特例措置等についてPDFファイル(PDF:154KB)

特例措置について

対象案件

令和2年3月10日以降に契約を行う工事および工事関連業務委託のうち、平成31年度(令和元年度)の労務単価等を適用して予定価格を積算したもの。

措置の内容

対象案件の受注者は、契約書約款に基づき、令和2年3月から適用する労務単価等に基づく契約に変更するための請負代金額の変更の協議を請求できます。

インフレスライド条項の運用について

概要

賃金等の急激な変動に対処するため、高根沢町建設工事請負契約書第26条第6項(インフレスライド条項)を運用します。

対象工事及び運用方法等

以下を参照ください。

お問い合わせ先

高根沢町 総務課
〒329-1292 栃木県塩谷郡高根沢町大字石末2053番地
TEL:028-675-8101 FAX:028-675-2409
お問い合わせフォームへ

お知らせ

ページの先頭へ

町の紹介