本文へ

色変更

  • 標準
  • 色変更1
  • 色変更2
  • 色変更3

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

ホーム > 行政情報 > 公聴 > パブリックコメント > 投票区・投票所の見直し計画(案)に係るパブリックコメントの結果

投票区・投票所の見直し計画(案)に係るパブリックコメントの結果

投票区・投票所の見直し計画(案)に係るパブリックコメントの結果について

町の現在の投票区は、17投票区としていますが、投票区ごとの有権者数の差が年々拡大しています。
こうした状況の中、選挙の執行環境を整えるため、投票区・投票所の見直しを行うこととしました。
見直し案では、現在の17投票区から12投票区へ、また一部の投票所の変更を行います。
なお、見直した内容は、平成28年7月執行予定の参議員議員通常選挙から適用する予定です。

投票区・投票所の見直しに係る資料を公表し、町民の皆さんからのご意見を募集しました。

 

意見募集期間

 平成27年11月1日(日)~平成27年11月30日(月)

公表した資料

閲覧場所 

  1. 町選挙管理委員会(役場内)※平日8:30~17:15
  2. 町図書館3館(中央館・仁井田分館・上高根沢分館)※休館日を除く。
  3. 町ホームページ

提出されたご意見

1名の方から6件のご意見をいただきました。

 

ご意見の内容と、これに対する町選挙管理委員会の考え方

大谷地域では、見直し計画(案)を集会や回覧等で意見を出していただいた。その結果として、次のような意見が出された。

寄せられた意見(要約) 選挙管理委員会の考え方
1 計画が実行されるのであれば、交通の安全性、地域の距離の均等化を考慮し、キリン体育館よりは、保健センターの方がよいと思う。(40%)
 個人的意見は出さず、結果を受け入れると思われる対応。(50%)
 大谷地域から、キリン体育館と保健センターを比較しますと、最遠の有権者宅までの距離(地図上直線で計測)は、キリン体育館の方が近いこと、また、花岡大谷投票区にする方が有権者数の均衡が図られるものであり、今後とも有権者の皆さまの安全確保に努めてまいりますので、ご理解をいただきたい。
2 高齢者を考えると、現行のままお願いしたい。

3 高齢者は、投票所が遠くなると、足の問題等を含め投票率の低下につながるのではないか?
 この計画(案)は、県内市町の状況も踏まえ、投票区の公平性の確保や投票所施設のバリアフリー化など、投票に係る環境を向上させるものです。
 また、高齢者や身体障害者等の交通弱者等の方々を含めて、「家族揃って投票を!」などの周知啓発に努めますので、ご理解をいただきたい。
4 計画に賛成ではあるが、交通の安全性から道路整備を先に考えてもらいたい。  道路整備につきましては、町は道路整備計画に基づき、町全体の道路を計画的に整備されておりますので、ご理解をいただきたい。
5 中央小ではまずいのか?  石末投票区は、最遠の有権者宅までの距離を検討し、保健センターに投票所を変更していますので、ご理解をいただきたい。
6 今後、有権者の減少、選挙時の経費の節減等も理解できるが、投票率の低下にならないよう選挙管理委員会の対応をお願いしたい。  投票率の向上は、選挙管理委員会の重要な責務であります。今後とも選挙啓発や期日前投票制度の周知等に努め、投票率の向上と明るい選挙の推進に取り組んでまいります。

お問い合わせ先

高根沢町 選挙管理委員会 〒329-1292 高根沢町大字石末2053 
TEL:028-675-8115 FAX:028-675-8114
お問い合わせフォームへ

お知らせ

ページの先頭へ

サイトマップ