本文へ

色変更

  • 標準
  • 色変更1
  • 色変更2
  • 色変更3

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

ホーム > お知らせ > 令和4年生活のしづらさなどに関する調査(全国在宅障害児・者等実態調査)の実施について

令和4年生活のしづらさなどに関する調査(全国在宅障害児・者等実態調査)の実施について

この調査は、障害児・者等(難病等患者やこれまでの法制度では支援の対象とならない方を含む。)を対象として行う調査であり、障害児・者の福祉施策を改善するための基礎資料を得るために厚生労働省が実施するものです。
調査は令和4年12月1日時点で行うこととしており、調査員が12月上旬から中旬に該当調査区の各世帯にお伺いし、調査の趣旨を説明、調査の対象となるかの確認、調査票の配布をさせていただきます。
調査票には個人を特定できる質問はありません、また、調査票に記入された内容は、統計上の目的以外に用いることもありませんので、調査にご協力いただきますようお願い申し上げます。

※調査区内の皆さんのお宅には、11月下旬以降に「生活のしづらさなどに関する調査(全国在宅障害児・者等実態調査)の実施について」のチラシを投函し、本調査の実施についてお知らせします。

調査対象者

1.障害者手帳をお持ちの人
2.手帳は持っていないが、発達障害のある人、難病、慢性疾患などの長引く病気やけが等により日常生活のしづらさが生じている人

調査区

宝積寺の一部(令和2年国勢調査により無作為に抽出)

お問い合わせ先

高根沢町 健康福祉課
〒329-1292 栃木県塩谷郡高根沢町大字石末2053番地
TEL:028-675-8105 FAX:028-675-8988
お問い合わせフォームへ

お知らせ

ページの先頭へ

サイトマップ