本文へ

色変更

  • 標準
  • 色変更1
  • 色変更2
  • 色変更3

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

ホーム > お知らせ > 子宮頸がん予防ワクチンについて

子宮頸がん予防ワクチンについて

  子宮頸がん予防ワクチン(以下HPVワクチン)は、平成25(2013)年(2013)年4月1日から定期予防接種として公費での接種が始まりましたが、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な痛み等の副反応が見られたことから、平成25(2013)年6月14日付の厚生労働省の勧告により、ワクチン接種の積極的な勧奨を差し控えて参りました。
しかし、今般国の「厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会」において、HPVワクチン接種の積極的勧奨の再開に向けて検討がなされ、ワクチンの安全性について特段の懸念が認められないことが確認され、接種による有効性が副反応のリスクを上回ると認められたことから、令和3(2021)11月26日付厚生労働省からの通知により、「積極的な勧奨の差し控えを終了する」ことが決定いたしました。
また、積極的な勧奨の差し控えにより接種機会を逃した方へも令和7年3月まで接種の機会を設けることとなりました。

対象

定期接種:小学6年生~高校1年生に相当する年齢の女子

※平成18年度、平成19年度生まれの方は、令和7年3月までは公費助成が受けられます。

キャッチアップ接種:平成9年4月2日~平成18年4月1日生まれ

接種方法と回数

筋肉内接種・3回

※キャッチアップ接種の対象者で、すでに1回または2回接種が済んでいる方は、不足分を受けてください。(1回目から受け直す必要はありません)

接種するワクチンと接種スケジュール

接種するワクチンはサーバリックスとガーダシルの2種類です。ともに1年以内に接種を終えることが望ましいとされています。

サーバリックス

1回目から1か月あけて2回目

1回目から6か月あけて3回目

ガーダシル

1回目から2か月あけて2回目

1回目から6か月あけて3回目

助成額

1回につき16,500円

自費で接種を受けている方へ

キャッチアップ対象年齢の方で、すでに自費で接種を受けている方には、申請により接種費用の助成をいたします。

対象者

令和4年4月1日に高根沢町に住所を有し、平成9年4月2日~平成17年4月1日に生まれた女子

助成額

接種者が負担した自費に相当する額(1回上限16,500円)

申請方法

予防接種助成申請書をご記入の上、保健センターへご提出ください。

予防接種助成申請書PDFファイル(PDF:141KB)

予防接種助成申請書内の医療機関証明について記載ができないない場合は、母子健康手帳への記載や接種済書等の接種を受けたことがわかるものが必要となります。

詳細については保健センターへお問い合わせください。

相談窓口

厚生労働省

HPVワクチンを含む予防接種、インフルエンザ、性感染症、その他感染症全般についての相談

電話番号:03-5276-9337

受付時間:平日9時~17時(土曜、日曜、祝日、年末年始は除く)

栃木県

子宮頸がん予防接種後に症状が生じた方に対する相談窓口

【総合相談窓口】保健福祉部感染症対策課 028-623-3089

【教育に関する相談窓口】教育委員会事務局学校安全課 028-623-3418

関連リンク

厚生労働省HP

栃木県HP

お問い合わせ先

高根沢町 保健センター
〒329-1225 栃木県塩谷郡高根沢町大字石末1825番地
TEL:028-675-4559 FAX:028-675-6999
お問い合わせフォームへ

お知らせ

ページの先頭へ

サイトマップ