本文へ

色変更

  • 標準
  • 色変更1
  • 色変更2
  • 色変更3

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

ホーム > くらしの情報 > 妊娠・出産 > 生まれる前 > 不妊治療費助成

不妊治療費助成

高根沢町にお住まいの方で、医師による不妊治療を受けている方(男女を問いません)を対象に、健康保険適用外の治療費用(診療費、検査費、薬剤代など)の一部を助成します。

対象者

次のすべての要件を満たす方です。(所得制限はありません)

  1. 医師による不妊治療を受けていること
  2. 法律上の婚姻関係にある、又は事実婚関係にあること
  3. 申請日現在で、夫婦の一方又は双方の住民登録が高根沢町にあること
  4. 申請日現在で、申請者(夫婦)に町税の未納がないこと
  5. 健康保険に加入していること

対象となる治療

健康保険適用外の、全ての不妊治療費(診療費・検査費・薬剤代など)です。

助成の内容

不妊治療費の2分の1です。(健康保険組合からの助成金を除く)

ただし、令和3年度治療分(経過措置分を含む)については、国県の助成額を除いた治療費の2分の1を助成します。

栃木県不妊に悩む方への特定治療支援事業のページへ

助成限度額

1年度につき30万円です

助成期間

妻の不妊治療開始時の年齢が36歳未満の場合→通算で10か年度分

妻の不妊治療開始時の年齢が36歳以上の場合→通算で5か年度分

(いずれも連続する必要はありません。通算で5年または10年分の助成が受けられます。)

申請の方法

一度治療が終了した段階で、必要書類一覧(PDF:144KB)を参考に、必要な書類をそろえて申請してください。ただし、同じ年度内に終了した治療は、年度ごとにまとめて申請することも可能です。

申請は、上限額に達するまでは複数回申請することができます。

1回の治療が年度を超えて継続している場合は、その治療が終了してからの申請になります。その場合、治療終了日の属する年度分の治療として申請いただきます。

  ※治療の終了日とは、妊娠の有無を確認した日またはやむを得ず治療を中断した日です。

  ※申請のタイミングについては、こちらPDFファイル(PDF:376KB)をご参照ください。

申請期限

治療が終了した年度の翌年度末(3月31日)までに申請してください。

(例)令和2年4月1日~令和3年3月31日に治療が終了した場合→令和4年3月31日

   令和3年4月1日~令和4年3月31日に治療が終了した場合→令和5年3月31日    

        が申請期限となります。

助成対象の医療機関

体外受精と顕微授精は、栃木県指定医療機関に限ります。

(県外の場合には、その都道府県・指定都市・中核市の指定医療機関に限ります。)

体外受精・顕微授精以外の治療は、県内外・都道府県等の指定の有無を問いません。

申請書等のダウンロード

不妊に関する相談機関(外部リンク)

お問い合わせ先

高根沢町教育委員会事務局 こどもみらい課
〒329-1225 栃木県塩谷郡高根沢町大字石末1825番地
TEL:028-675-6466 FAX:028-675-6820
お問い合わせフォームへ

お知らせ

ページの先頭へ

サイトマップ