本文へ

色変更

  • 標準
  • 色変更1
  • 色変更2
  • 色変更3

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

ホーム > くらしの情報 > 生活・環境 > ペット・動物 > ねこの室内飼いのすすめ

ねこの室内飼いのすすめ

ねこと室内で快適に暮らそう

ねこは習慣の動物です

ねこはテリトリーをたいへん重視する生き物です。室内で飼っている場合、その猫のテリトリーは家の中です。
外出するのはねこの習性ではなく「習慣」なので、猫は家の中に十分なエサがあり、安全でストレスが発散できる生活環境があれば、室内で十分に満足して暮らすことができます。

キャットタワー

室内環境を安心できるものにしましょう

 

室内飼いのメリット

伝染病の最大の予防は室内飼いです

風邪ウイルスや猫エイズ、猫白血病など、他の猫や動物との接触による感染を防ぐことができます。

また、猫はスズメや小鳥などの野鳥をはじめ、ネズミやトカゲなど、様々な動物を捕まえる習慣があります。
それら動物には、非常に高い確率で寄生虫が潜んでいる事が多いのです。
室内飼いにすることで、寄生虫等に感染するリスクを無くすことができます。

 

交通事故や、猫の家出・迷子の防止ができます

現代のような車社会だと、猫が車と接触事故を起こす可能性は非常に高く、それに伴い致死率も非常に高くなっていますので、怪我・事故の可能性を防ぐことができます。

外出先で他のねこの縄張りに入ってしまい、ケンカに負けて逃げるなどした際、帰り道がわからなくなってしまう等を防ぐことができます。

 

近所とのトラブル防止ができます

世間には猫が好きでない人もいます。
また、たとえ猫が好きであっても庭やベランダをトイレにされたり、居すわられて頻繁に鳴かれたりするのを嫌がる人もいます。

無用なトラブルを防ぐようにしましょう。

 

望まない繁殖による《不幸な命》をつくりません

不妊・去勢手術によろ繁殖制限に努めましょう。

また、不妊・去勢を行うことで問題行動の原因ともなる発情を避けることができ、オスはスプレー行為(尿をかける行動)を防ぐことができるようになります。

お問い合わせ先

高根沢町 環境課
〒329-1292 栃木県塩谷郡高根沢町大字石末2053番地
TEL:028-675-8109 FAX:028-675-8114
Email:kankyou@town.takanezawa.tochigi.jp

お知らせ

ページの先頭へ

町の紹介