本文へ

色変更

  • 標準
  • 色変更1
  • 色変更2
  • 色変更3

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

ホーム > くらしの情報 > 生活・環境 > 上下水道 > 水道管の凍結にご注意ください

水道管の凍結にご注意ください

 冬の冷え込みが厳しいとき、水道管が凍ったり破裂したりすることがあります。このような凍結を防ぐ方法として、厚手の布や保温材などを水道管に巻きつけ、その上にビニールなどを巻いて、直接冷気を受けないようにしてください。

 

水道管が凍らないようにするために

【屋外水道管】

屋外の蛇口やむき出しの水道管には、保温材や布などを巻きつけて保温してください。

また、ぬれないように上からビニールなどを巻くのも効果的です。

 

【水を少量流し続ける】

水は流れていると凍結しにくくなります。

お風呂などで水を細く流し続けてください。

※その際の水道料金は自己負担となります。

 

水道管が凍ってしまったときは

【自然にとけるのを待つ】

水道管の中の水が凍ってしまっても、外気温が上がって内部の氷がとけるまで待つしかありません。凍った状態で無理に蛇口をひねると、破損の原因になりますので注意してください。

 

【凍った部分にタオルをかぶせ、ぬるま湯をかける】

少しでも早く水を使いたい場合は、凍った場所にタオルなどをかけて、触っても熱すぎないぬるま湯をかけてください。

※熱湯をかけると、管や蛇口が破損したり、給水栓が損傷したりすることがありますので注意が必要です。

 

給湯器の配管凍結にもご注意ください

給湯器の内部には水を通す管があり、管の中の水が凍結してしまうことがあります。

凍結した際には取扱説明書をご確認いただくとともに、必要であればお買い上げの販売店または工事店へ相談して適切な凍結防止対策を行ってください。

 

水道管が破裂したときは

【破裂箇所を確認して止水する】

水道メーターボックス内には家全体の止水栓があります。蛇口や水道管が破裂してしまった際には、止水栓を閉めて水を止めてください。

 

【水道事業者へ連絡する】

凍結破損などの修繕は、指定給水装置工事事業者に依頼してください。詳細については下記のリンクをご覧ください。

高根沢町の指定給水装置工事事業者このリンクは別ウィンドウで開きます

※修繕の際の費用は自己負担となります。

 

なお、アパートや借家などは、管理会社や大家など建物の管理者に連絡してください。

お問い合わせ先

高根沢町 上下水道課
〒329-1231 栃木県塩谷郡高根沢町宝石台1-7-1
TEL:028-675-2449 FAX:028-675-2445
Email:suidou2@town.takanezawa.tochigi.jp

お知らせ

ページの先頭へ

町の紹介