本文へ

色変更

  • 標準
  • 色変更1
  • 色変更2
  • 色変更3

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

ホーム > くらしの情報 > 生活・環境 > 上下水道 > 下水道事業経営戦略

下水道事業経営戦略

策定の趣旨

下水道は、衛生的で快適な生活環境の整備や雨水排除による浸水防除、公共用水域の水質保全などの役割を担う公共性、公益性の高い施設です。

高根沢町下水道事業(公共下水道事業、農業集落排水事業、小規模集合排水事業)は平成元年度より順次事業に着手し、計画的に整備を進めています。しかしながら、今後は人口減少等により使用料の大幅な増加は見込めず、施設の老朽化に伴う更新費用の増加により、経営環境が厳しくなると予想されています。

そのような中、現状分析・評価を実施し、計画的かつ合理的な経営を行い、下水道事業の安定的な事業運営を目的とした中長期的な計画である経営戦略を、総務省通知「経営戦略の策定推進について」(平成28年1月26日付け)に基づき策定しました。

計画期間

平成31年度~平成40年度まで(10年間)

毎年決算確定後に計画と実績の比較を行い、計画と大きな乖離が生じる場合はその原因を分析し、経営戦略の見直しを行います。

経営戦略

高根沢町下水道事業経営戦略(PDF:1635KB)

お問い合わせ先

高根沢町 上下水道課
〒329-1231 栃木県塩谷郡高根沢町宝石台一丁目7番地1
TEL:028-675-2449 FAX:028-675-2445
お問い合わせフォームへ

お知らせ

ページの先頭へ

サイトマップ