本文へ

色変更

  • 標準
  • 色変更1
  • 色変更2
  • 色変更3

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

ホーム > くらしの情報 > 健康・福祉 > 健康 > 脳脊髄液減少症

脳脊髄液減少症

「脳脊髄液減少症」について

 「脳脊髄液減少症」とは
 交通事故やスポーツ外傷など、体への強い衝撃により、脳脊髄液が漏れ出し、減少することによって、頭痛、頚部痛、めまい、吐き気、耳鳴りなどの様々な症状を引き起こす病気とされています。
 交通事故やスポーツ外傷の後、頭痛やめまい等の症状が見られる場合は、安静を保ちつつ、医療機関を受診することが大切です。
 現在、この病気については国の研究班により統一的な診断基準や有効な治療方法の研究が行われている段階であり、診断・治療方法が確立されていないことから、診療を行うことができる医療機関に関する情報を得ることが困難な状況です。
 栃木県では、このような状況をふまえ、県内の医療機関の協力を得て、「脳脊髄液減少症」の診療に関する調査を行い、ホームページにて公表していますので、ご確認ください。  → 栃木県のホームページへ



◎関連情報(リンク)
 NPO法人脳脊髄液減少症患者・家族支援協会
 脳脊髄液減少症患者支援の会「子ども支援チーム」


お問い合わせ先

 〒329-1225 高根沢町石末1825(保健センター内) 高根沢町住民生活部健康福祉課健康づくり担当
 TEL:028-675-4559  FAX:028-675-6999  kenkou@town.takanezawa.tochigi.jp

 

 

 

お知らせ

ページの先頭へ

町の紹介