本文へ

色変更

  • 標準
  • 色変更1
  • 色変更2
  • 色変更3

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

ホーム > くらしの情報 > 相談 > 消費生活 > 友だちから誘われても断れますか?若者に広がる「モノなしマルチ商法」に注意!

友だちから誘われても断れますか?若者に広がる「モノなしマルチ商法」に注意!

国民生活センターが、若者に広がる「モノなしマルチ商法」について注意を呼びかけています。

マルチ商法の相談では、健康食品や化粧品などの「商品」に関する相談が多くみられますが、近年、ファンド型投資商品や副業などの「役務」に関する相談が増加しており、2017年度・2018年度は「商品」より「役務」の相談が多くなっています。こうした「役務」のマルチ商法(以下、「モノなしマルチ商法」)の相談は特に20歳代・20歳未満の若者で増加しており、友人やSNSで知り合った人などから、暗号資産(仮想通貨)や海外事業等への投資やアフィリエイトなどの儲け話を「人に紹介すれば報酬を得られる」と勧誘され契約したものの、事業者の実態や儲け話の仕組みがよく分からないうえ、事業者に解約や返金を求めても交渉が難しいというケースが多くみられます。

◇相談事例

【事例1】
配当や紹介料が入ると勧誘され出資したが、仕組みが分からず不審だ

◇相談事例からみる問題点

契約のきっかけは友人・知人からの誘い
人を紹介すれば報酬を得られることばかり強調されるが、儲け話の実態はよく分からない
友人・知人から勧誘されると断りにくい。借金をしてまで契約するケースも
解約や返金を求めようとしても連絡先が不明確で交渉が困難

◇消費者へのアドバイス

・実態や仕組みが分からない「モノなしマルチ商法」は契約しない!
・友だちや知り合いから勧誘されても、きっぱりと断りましょう
・安易にクレジットカードでの高額決済や借金をしないようにしましょう
・不安に思った場合やトラブルになった場合は消費生活センター等に相談しましょう

 

【参考】国民生活センターから
友だちから誘われても断れますか?若者に広がる「モノなしマルチ商法」に注意!このリンクは別ウィンドウで開きます(国民生活センター)

お問い合わせ先

高根沢町 消費生活センター
〒329-1292 栃木県塩谷郡高根沢町大字石末2053番地
TEL:028-675-3000 FAX:028-675-8114
お問い合わせフォームへ

お知らせ

ページの先頭へ

サイトマップ