本文へ

色変更

  • 標準
  • 色変更1
  • 色変更2
  • 色変更3

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

ホーム > くらしの情報 > 税金 > 上場株式等に係る配当所得等に関する個人住民税の税額算定誤りについて

上場株式等に係る配当所得等に関する個人住民税の税額算定誤りについて

概要

平成15年の地方税関係規程の改正により、平成17年度以降、上場株式等に係る配当所得等に関する確定申告書が、住民税の納税通知書送達後に提出された場合は、上場株式等に係る配当所得等を住民税の税額算定に算入できないこととされました。

しかし、確定申告書が提出された場合には、その内容に従い住民税を算定すると誤って解釈し、住民税の納税通知書送達後に確定申告書が提出された場合でも、上場株式等に係る配当所得等を住民税の税額算定に算入したものです。

対象者

住民税の納税通知書の送達後に上場株式等に係る配当所得等に関する確定申告書を提出された方。

対象人数および該当件数

対象者12人 該当件数23件

今後の対応

対象者の方には12月中に個別にご案内をさせていただきます。

お問い合わせ先

高根沢町 税務課
〒329-1292 栃木県塩谷郡高根沢町大字石末2053番地
TEL:028-675-8103 FAX:028-675-8988
Email:zeimu@town.takanezawa.tochigi.jp

お知らせ

ページの先頭へ

町の紹介