本文へ

色変更

  • 標準
  • 色変更1
  • 色変更2
  • 色変更3

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

ホーム > くらしの情報 > 税金 > 町県民税の課税のしくみ > 上場株式等に係る配当所得等および譲渡所得等の課税方式の選択について

上場株式等に係る配当所得等および譲渡所得等の課税方式の選択について

個人住民税(町県民税)について、所得税と異なる課税方式を選択することができます。

たとえば、配当所得について、所得税では総合課税または申告分離課税を選択し、住民税では申告不要制度を選択しようとする場合に、納税通知書が送達される日までに確定申告書とは別に住民税申告書を提出することで所得税と住民税で異なる課税方式を選択することができます。(令和3年分からは確定申告書の第二表の住民税・事業税に関する事項の「特定配当等・特定株式等譲渡所得の全部の申告不要」欄に○を記入していただければ住民税では特定配当等・特定株式等譲渡所得の全部について申告不要制度を選択したものとなり住民税申告書の提出は不要となります。)

【ご注意】

課税方式を選択できる上場株式等の配当所得等および譲渡所得等については、所得税15.315%(復興特別所得税分含む)と住民税5%の合計20.315%の税率であらかじめ源泉徴収(特別徴収)されているものに限ります。(所得税20.42%を源泉徴収されているものは対象ではありません。)

ご不明な点は税務課住民税係にお問合せください。

お問い合わせ先

高根沢町 税務課
〒329-1292 栃木県塩谷郡高根沢町大字石末2053番地
TEL:028-675-8103 FAX:028-675-8988
お問い合わせフォームへ

お知らせ

ページの先頭へ

サイトマップ