本文へ

色変更

  • 標準
  • 色変更1
  • 色変更2
  • 色変更3

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

ホーム > 行政情報 > ぶろぐ課 > 記事 > 交通安全と命の大切さを勉強しました

高根沢町ぶろぐ課

交通安全と命の大切さを勉強しました 2019年12月26日

講話の様子01

講話の様子02

講話の様子03

小学校1年生を対象に、12月16日、12月19日の二日間、交通安全講話を行いました。
講師は「命があればあとはかすり傷」をモットーにご活躍されている、大塚訓平さん。

講話では、
・交通事故で大切な命を落とさないよう、ルールを守ること
・車椅子マークの意味
などについて、各小学校でお話いただきました。
子どもたちは真剣に聞き入り、また問いかけには元気よく応えながら、交通ルールを守り、自分の命を守るということを学ぶことができました。

講話の最後に反射材のグリミスを受け取り、子どもたちは興味津々。
グリミスという反射材は、遠くからでもとてもよく光ります。
(カメラのフラッシュだけでこんなに光ります!)
冬になり、日が短い季節ですので、命を守るツールとしてぜひ活用してほしいですね。
また子どもたちだけでなく、私たち大人も交通ルールをしっかり守らなきゃいけないなと、改めて思いました。


(ぱんだくん)

ぶろぐ課 記事一覧へ

ページの先頭へ

町の紹介