本文へ

色変更

  • 標準
  • 色変更1
  • 色変更2
  • 色変更3

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

ホーム > 行政情報 > ぶろぐ課

高根沢町ぶろぐ課

  町職員からお知らせしたい事、町職員が発見した小さな出来事を、業務やプライベートに関係なくお伝えしていく架空の「課」です。 「高根沢町」や「町職員」を身近に感じてもらえたら・・・と思っています。
 最後のカッコ書きは、職員の名前(ニックネームか実名)です。

 

「障がい」を理解しよう 体験講座 2019年8月13日

 8月8日(木)福祉センターにて「第1回障がい児者サポーター養成講座」を行いました。
 この講座は様々な疑似体験を通して、障がいについての理解や気づきを発見することで、障がいのあるなしにかかわらず、すべての人たちが身近な地域で自分らしく暮らしていくために、自分に何ができるのかを考えることのできる体験講座です。
 中学生・高校生たちは実際に車いすに乗り身体障がい者の苦労を体験したり、見え方、伝わり方を絵に描くことにより知的障がい、発達障がい者の特性を理解する疑似体験を行うことにより、障がいをもつ方の生活での困難を実感していました。
 講座終了後、修了証とキーホルダーを受け取り、今後は障がいを持つ方への地域のサポーターとして自分にできる手助けを行うことを約束しました。
 11月には一般町民を対象に、2回目の体験講座を行います。
 誰もが暮らしやすい町づくりをめざし、みなさんも地域サポーターの一員になってみませんか。

(ナイチュウ)

夏野菜の収穫体験♪ 2019年8月7日

保健センター前の菜園では、夏野菜の収穫時期を迎えています。
来所された親子にも食育の一環で収穫体験をしていただきました。
楽しそうにミニトマトを収穫してくれたお子さん、家でおいしく食べられたかな☆

(ホセ)

ボディチェンジに成功! 2019年8月6日

5月に開校された「ボディチェンジスクール」が最終日を迎えました。
肥満や血圧、血液状態の改善を目標に約3ヶ月間かけて努力をしてきたかいがあり、参加者の方全員が改善へと繋がりました。

最終日は食講話の後にヘルスメイトさんが作ったバランス弁当を召し上がっていただきました。
今後もこの運動と食習慣を維持して健康長寿を目指していきましょう!

10月から開校予定の後期「ボディチェンジスクール」参加申し込みも受け付けています。
興味のある方は、ぜひ保健センター(675-4559)までお申し込みください!

(ホセ)

「子どもの料理コンクール」選考結果 2019年8月

小中学生を対象に募集をかけた「簡単レシピ」、たくさんのご応募ありがとうございました。
県で行っている「子どもの料理コンクール」に同時応募となった作品については、7月29日に一次審査が行われ、選考の結果、上高根沢小学校6年生の阿久津ららさんが見事、塩谷南那須地区で最優秀賞に選ばれました。
おめでとうございます!
テーマは「家族で楽しむヘルシー夕ご飯~野菜たっぷり減塩メニュー~」ということで、町内産の野菜をしっかり使った、とてもおいしそうなメニューとなっています。
9月に行われる県の2次審査も応援しています!

(ホセ)

道の駅たかねざわ 元気あっぷむら登録証が伝達されました! 令和元年8月1日

dentatsushiki

令和元年6月19日に県内25ヶ所目の道の駅として登録になった「道の駅たかねざわ 元気あっぷむら」の登録証が宇都宮国道事務所長より伝達されました。道の駅の登録に満足することなく、道の駅の持つブランド力や訴求力をお借りしながら、「元気あっぷむら」の活性化を推進していきます。新しく生まれ変わる「元気あっぷむら」改め「道の駅たかねざわ 元気あっぷむら」をお楽しみにお待ちください。

(クニノール)

令和元年度 第1回高根沢町総合戦略推進会議 令和元年7月26日

 令和元年7月26日(金)に第1回高根沢町総合戦略推進会議が開催されました。
 会議は町長を座長に、委員として町議会から選出された議員や区長会長など町政運営を支える方を始め、宇都宮大学准教授や栃木銀行宝積寺支店長など「産・官・学・金・民」で構成された会議です。
 この会議では、町の人口減少対策や地方創生に係る施策をまとめた総合戦略の進捗状況の報告などを行っています。
 事務局より、平成30年度の取り組みの結果として、子育て関係では婚姻率が栃木県内で第1位、出生率が第4位であったことなどが報告されました。
 委員の皆様からは各種制度の周知をさらに強化し、認知度を向上させ、多くの子育て世帯の方に情報が届くようにすべき、等の意見をいただきました。
 高根沢町では子育て世帯への支援として、平成30年度から「医療費の現物給付対象の拡大(18歳まで)」、「子育て世代包括支援センターの開設」等を行い、妊娠期から育児期まで切れ目のない支援などを行っており、今後も「子育てしやすい町」を目指していきます。
 委員の皆様からの貴重なご意見については、これからの総合戦略の推進、次期総合戦略の策定に活かされます。
 (ロバート)

ベイビーブーの美しいハーモニー 2019年7月25日

ベイビーブー

あなたに贈る 癒しのハーモニー!
話題の男性5人組コーラスグループ「ベイビーブー」が高根沢にやってくる!
ベイビーブーのチケットが7月22日から発売になりました!
美しい抜群のハーモニーをぜひ聴きにいらしてください。


ベイビーブーの動画はこちら!
「ごめんね...ありがとう」(YouTube)このリンクは別ウィンドウで開きます
「花が咲く日は」(YouTube)このリンクは別ウィンドウで開きます

日時   2019年12月15日(日) 14時開場  14時30分開演
会場   高根沢町町民ホール
チケット  前売り2,000円 当日2,500円   
発売場所 高根沢町生涯学習課(町民広場内)、高根沢町図書館3館、イープラス(手数料あり)

(かな)

マイ・タイムライン講座 2019年7月29日

逃げキッドを手にする生徒

受講中の生徒

 このたび、地域安全課職員が講師となり、北高根沢中と阿久津中の1年生、北小と上高根沢小の5年生を対象に「マイ・タイムライン講座」を開催しました。

 「マイ・タイムライン」とは、台風の接近等によって河川の水位が上昇するときに、自分がとるべき防災行動を、家族構成や生活環境に合わせて「いつ」「誰が」「何をするのか」をあらかじめ時系列に整理し、「逃げ遅れゼロ」に向けた自分自身の防災行動計画のことです。

 授業では「逃げキッド」という教材を利用し、台風発生から川の水が氾濫するまでに「避難するときに持っていく物を準備する」、「住んでいる所と上流の雨量を調べる」等が書かれたシールを自分なりの順番を考えて並び替えをしたり、避難するときに使うカバンは「リュックサック」、「手提げ袋」のどっち?といったクイズ形式で楽しみながら自分たちのマイタイムラインを作成しました。

 中央小、西小、阿久津小、東小の5年生も秋以降に講座を開催する予定ですので、楽しみにしていてください。

(安ちゃん)

英語でLet's Go! 2019年7月25日

7月25日(木)に子育て支援センターれんげそうでカナダ人講師 ジョン・クリストファー・ウッヅ氏を招いて英語でのレクリエーションを行いました。

クリス先生は日本語を一切使わずにギターを弾きながらリズミカルに子どもたちに話しかけてくれ、初めのうちは様子をうかがっていた子どもたちもどんどん前に来て、一緒に歌を歌ったり、単語を繰り返してリピートしていました。
絵本の読み聞かせでは話の内容に合わせて笑い声が起こり、言葉はわからなくても先生のジェスチャーや雰囲気で理解している様でした。

短い時間でしたが、楽しいひと時を過ごしました。
言葉は通じなくても気持ちは通じていました!
(京)

にじいろ保育園 夕涼み会 2019年7月23日

7月20日(土)にじいろ保育園園庭にて同保護者会主催の夕涼み会が行われました。
午前中から役員さんが準備をし、夕方「夕涼み会、始まります!!」との開会宣言と同時に土砂降りの雨が・・・・・

急きょ、室内での開催になりましたが、そこは経験豊富な(!?)お父さんたち。すぐに対応してくれて、子どもたちは戸外と変わらず楽しむことが出来ました。

やきそばやかき氷に舌鼓を打ち、ヨーヨーつりや金魚すくい、じゃんけん大会を楽しみ、ヒーローショーでは声の限り応援して一緒に悪者を倒していました。

最後に小雨の中でも綺麗に咲く打ち上げ花火を見上げ、歓声をあげて夕涼み会を満喫していました。

また1つ保育園での楽しい思い出を作ることが出来ました。
役員の皆様、ありがとうございまいした。

(虹)

赤ふれ~阿久津中学校編~ 令和元年7月4日

阿久津中学校の赤ちゃんとのふれあい交流事業に行ってきました。
中学生は、グループごとに可愛いネームカードを作り、赤ちゃんとお母さん、妊婦さんを迎えてくれました。
グループごとに交流が始まり、お母さんに「抱っこしてみる?」と聞かれて、恥ずかしそうにする子や、「怖~い」と言う子など、いろんな中学生の姿が見られましたが、いざ抱っこしてみると、みんな優しい顔になっているのが印象的でした。中学生の抱っこはとても上手で、その証拠に中学生の腕の中で寝てしまう赤ちゃんが続出!
笑顔がいっぱいの楽しい交流でした♪
(M)

ハートカレー給食の実施 令和元年7月19日

近年における保育園給食は、食物アレルギーを持つ園児が増え、全園児が毎日同じ給食を食べることが難しくなっています。2016年度から小中学校で年2回アレルゲンを使用していない給食を提供する「ハートカレー給食」の実施に併せ、今年度から保育園でも「ハートカレー給食」の実施に向けた準備を進めてきました。第1回目を7月19日(金)に町内保育園5園が実施したことで、小中学校児童生徒・保育園児が同じ日に「ハートカレー給食」を食したことになり、目的の一つである「子ども達が同じ食事をみんなで食べる喜びを感じる給食」に前進いたしました。園児からはとても美味しい、楽しい、との声が聞こえました。次回は12月25日(水)の予定です。
(のび)

お母さん教室 アロマワックスバーを作りました 2019年7月17日

7月17日に子育て支援センターれんげそうにてお母さん教室を開催しました。

お母さん教室とはふだん、家事や育児に頑張っているお母さんがクラフト製作やお茶会に参加してリフレッシュしてもらうことを目的とした事業です。

今回は、昨年度も実施して好評だったアロマワックスバー作りに挑戦しました。

子ども達がスタッフと遊び始めたら、少し離れた場所で作業開始。好みのアロマオイルを選び、溶かしたろうに混ぜて、固まる前にドライフラワーで飾り付けていきます。どの香りにしようか、どんなふうに花を飾っていこうかと作業を進めて行くうち、みなさん子どものことを忘れて夢中になっている様でした。

出来上がった、ワックスバーを手に取り、「見て~」と我が子のところに戻った時にはママの顔に戻っていましたが、ほんの少しの間、育児を忘れ楽しい時間を過ごせたようです。楽しかったと感想をいただきました。

次回は12月ごろ開催予定です。ママたちの参加をお待ちしております。

(京)

止まってくれない栃木県 2019年7月11日

マナーアップチラシ裏面

「何でゆずってくれないの?」
「何で止まってくれないの?」
「横断歩道が渡れない!!」

皆さんもこんな経験ありませんか?

実は、栃木県は「歩行者がいる横断歩道で停止する車の割合が全国ワーストワン」なのです。(※日本自動車連盟JAFの発表)
「信号機のない横断歩道における車の一時停止率」は、全国平均8.6%を大きく下回る0.9%。
JAFが発表した記事によると、車が1000台通っても9台しか止まってくれないのです。
なんだか、ショックですね…。

ちなみに全国1位は長野県、58.6%でした。2台に1台は止まってくれるのですから、その差は歴然です。

道路交通法では、横断中や横断しようとしている歩行者がいる場合、車は一時停止しなければならないと定めています。「止まってあげない」=「横断歩行者等妨害等違反」となり、検挙の対象になってしまいます。

7月は「マナーアップ!あなたが主役です」広報啓発キャンペーン月間です。
一人ひとりが交通安全の意識を持ち、優しさ、思いやりのある運転を心掛けましょう。
交通ルールの遵守と正しい交通マナーを実践しましょう。

「脱!止まってくれない栃木県」
(↑栃木県交通安全協会作成CM)


(松)

消防ポンプ操法競技会が開催されました! 2019年7月11日

競技会の様子

放水の様子

6月29日(土)に令和元年度高根沢町消防団夏季点検並びに第52回消防ポンプ操法競技会が開催されました。

ポンプ操法競技会では、いかに早く、正確に、かつ安全に消火活動の基本操作ができるかを競い合います。
設置された防火水槽から、給水し、火災現場を意識した的にめがけて放水し、撤収するまでの一連の手順を、町民の方々の前で披露しました。

この日のために、各分団員がそれぞれの仕事の合間を縫って、練習に励みました。
当日はあいにくの雨模様でしたが、一糸乱れぬ整列や、正確なポンプ操法技術は、見応えたっぷり!本番の前に円陣を組んだり、仲間を応援しあったり、選手の真剣な表情であったり、終わった後の笑顔であったり…。
競技以外でもたくさんのドラマが見られました。

団員たちの雄姿にスマートフォンを向ける方、本格的なカメラでシャッターチャンスを狙っている方もたくさんいました。
素敵な写真を、ぜひ高根沢町消防団写真コンテストに応募してくださいね(^_-)-☆

優勝旗はどの分団に渡ったのでしょうか。優秀操作員に選ばれたのは誰!?
詳細は広報たかねざわ8月号に掲載予定ですので、ぜひご覧ください。

(松)

高根沢高校の学生が職業体験にやって来ました! 2019年7月10日

7月8日から11日にかけて、高根沢高校の学生3人が役場やクリエイターズ・デパートメント、エコ・ハウスたかねざわで職業体験を行っています。そこで、本日までの職業体験の感想を高校生自身に記事にしてもらいました。


(くまちゃん)公務員は堅苦しいイメージがありました。ですが、役場の方はどの方も優しく接してくださりとても助かりました。今回のインターンシップでは、クリエイターズ・デパートメントでオープンの準備、各店舗のお手伝い、企画課で書類作成などをしました。初めてのことばかりでしたが、とても楽しかったです。職業選択のいい参考になりました。

(ぱんちゃん)役場の人は堅苦しいイメージがあり、インターンシップ初日はとても緊張しました。しかし、実際は優しく親切な方ばかりで、実習ではわからないことがあっても丁寧に教えてくれたので助かりました。クリエイターズ・デパートメントや企画課の仕事が体験できてよかったです。

(ぬべすこ)私は、この三日間インターンシップをやっていて自分の思う役場の雰囲気と実際の役場の雰囲気が全然違うことに一番驚きました。最初自分が思っていた雰囲気は、職員は、みんな物静かそうで話しづらい雰囲気なのかなぁと思っていましたが、実際は、フレンドリーに話しかけてきてくれたのでとても話しやすい環境で過ごせました。
役場では、最初の二日は、クリエイターズ・デパートメントの仕事をやらせていただきました。二日目には、一つ一つの店を見学したり店の手伝いをしましたが一人で店を経営していく大変さがわかりました。
三日目は、企画課の仕事をさせてもらいました。思っていたのとは、少し違くて一日中パソコンを使うのかなぁと思ってましたが一つ一つのスーパーや金融機関にポスターを貼る許可などもとりに行きました。めったに体験できないことだったのでいい経験になりました。
この三日間で学んだことを生かして残りの一日も頑張っていきたいです。そしてインターンシップの期間で学んだ事を進学や就職で活かしていきたいです。



今回の職業体験で得た経験や感じたことを次のステップに活かしてもらえたら幸いです。慣れない環境で大変だったと思いますが、3人ともお疲れさまでした。残り1日がんばってください。(とし)

ザ・博物館 7月6日から! 2019年7月5日

博物館

高根沢町民俗資料館の夏休み企画展が、7月6日から始まります!
今年は、栃木県立博物館から、たくさんの貴重な展示品がやってきます。

昨日は、博物館の職員の方が、展示物を搬入、展示してくださいました。

昆虫の標本や大型模型
鎧や十二単、刀、火縄銃
動物の骨や、剥製
恐竜の化石、土器 など

実際に触れる展示物もあり、とてもワクワクする内容になっています。
8月25日まで展示をしているので、ぜひ資料館に見に来てください!


(かな)

赤ふれ!(北中編) 令和元(2019)年7月5日

6月26日に北高根沢中学校で行われた『中学生と赤ちゃんのふれあい交流事業』(通称:赤ふれ)にお邪魔させてもらいました!「赤ちゃんを一度も抱っこしたことのないまま親にさせない」ことをテーマにスタートした事業もなんと今年で10回目の開催。
たくさんのお兄さん、お姉さんたちに囲まれた赤ちゃんが最初はびっくりして泣いてしまったりもしましたが、徐々に慣れ、教室中に笑顔が溢れていく様子に私もほっこり☺
実際に赤ちゃんを抱っこしておやつをあげたり、妊婦さんのおなかに手をあてたり、エコー写真を見せてもらったり…とても楽しそうでした。
さらに、さくら産院の助産師さんからも妊娠についての説明もあり、内容も盛りだくさん!赤ちゃんたちのお母さんや8月に出産を控えた妊婦さんの気持ちをきいて、実際に自分が生まれたときはどうだったのかな、と思いを馳せる中学生の皆さん。命の尊さを感じる今日の体験は、きっと皆さんの明るい未来へつながるだろうと感じました。
赤ちゃんの足がパンみたいに柔らかい!なんて感想を聞きましたが、赤ちゃんの手足って、本当においしそうですよね…笑
赤ふれ事業に参加してくださった親子や妊婦、ボランティアのみなさん、本当にありがとうございました。7月中には阿久津中学校でも開催予定です(^^♪

(アイルトン)

ラジオ体操・みんなの体操講習会を開催しました 2019年6月30日

NPO法人ラジオ体操連盟公認のラジオ体操・みんなの体操講習会が開催されました。

連盟から桜田先生、田村先生両名を本町へお迎えして、ラジオ体操第1・第2やみんなの体操についてのそれぞれの動き、動作について一つ一つ説明が行われ、約3時間の講習会は無事に終了しました。

参加された皆様たいへんお疲れ様でした!

(こぼ)

「社会を明るくする運動」街頭啓発活動を実施しました 7月1日


7月1日、宝積寺駅と仁井田駅で「第69回“社会を明るくする運動”」の街頭啓発活動を行いました。
「社会を明るくする運動」とは、法務省主唱による犯罪や非行の防止や更生保護の普及啓発を目的とした全国的な運動です。当日は高根沢町地区推進委員会の関係機関の皆様にお集まりいただき、啓発グッズを配布しました。
また、阿久津中学校、北高根沢中学校、高根沢高校の生徒さんが宝積寺駅・仁井田駅それぞれに参加し、駅の利用者に元気に挨拶するなど率先して活動を盛り上げてくれました。これからの社会を担う若者が運動に参加してくれるのはたいへんありがたいことです。
地域が一体となり犯罪や非行のない明るい社会を目指していきましょう!



(ホゴちゃんサラちゃん)

見に来てください!消防ポンプ操法競技会 6月25日

昨年度最優秀作品

6月29日(土)午前8時から町民広場駐車場で令和元年度高根沢町消防団夏季点検並びに第52回消防ポンプ操法競技会が開催されます。
火災や災害の発生に備え、町民の皆さんの安全安心を守るため訓練を重ねている消防団員が、ポンプ操法競技会で日ごろの成果を発揮します。
自由に見学できますので、消防団員の勇姿をご覧ください。

一番の見どころであるポンプ操法競技会は午前9時から11時30分開催予定です。
また、当日は消防車両を展示し、お子さん向けの撮影コーナーを設置します。ぜひご家族でおいでください。

現在開催中の高根沢町消防団写真コンテストに向けて、ベストショットが撮れるかも?
画像は昨年度の最優秀作品です。
かっこいい(((o(*゜▽゜*)o)))!!


(松)

中央小学校で親子AED講習会 2019年6月25日

6月21日(金)、高根沢町立中央小学校で4年生の児童と保護者の方々が、AED講習会に参加しました。
受講者は50名ほどで、高根沢消防署の救急隊員が講師として、心臓マッサージやAEDの使用方法を説明しました。
講習会はNHK「とちぎ640」でテレビ放送され、子どもたちが積極的に参加している様子が見られました。
親子で協力しながら、心肺蘇生の意義を子どものうちから知る、貴重な体験になったことと思います。

(ひでゆ)

公民館対抗!ソフトボール大会 2019年6月23日

令和元年6月23日(日)、石末運動場ならびに町民広場において令和元年度公民館対抗ソフトボール大会が開催されました。
当日は全12チームが参加し、3ブロックにわかれて熱戦を繰り広げました。

エネルギーあふれるフレッシュな選手から熟練のベテラン選手まで、幅広い年齢層の選手が参加しました。
どの試合も熱くすばらしい試合の数々でしたが、けが人が出ることもなく、参加者の皆さんは楽しそうにプレイしていました。

参加してくださった選手の方、そして応援してくださった皆様ありがとうございました。
ぜひまた参加してください。


試合結果は下記のとおりです。

〈試合結果〉
Aブロック優勝 中区公民館
Bブロック優勝 上高中部公民館
Cブロック優勝 西根公民館

(ゆーご)

国家公務員の地方自治体実地体験 2019年6月17日

6月17日~21日までの間、国家公務員初任行政研修の一環として、高根沢町に法務省、財務省、経済産業省の職員の方がいらしています。
彼らは、地方自治体の現場を見て、話を聞き、実務を体験することにより、地方の実態について理解を深め、これからの地方と国の関係を考えるために、5日間研修を重ねます。

町内各地で研修を行いますので、町を歩いてる姿を見かけた際は、あたたかくお見守りください。
 
(R)

 

過去の「高根沢町ぶろぐ課」はこちらを

平成31年度

平成30年度

平成29年度

平成28年度

平成27年度

平成26年度

ここに記載された情報は、職員個人の体験に基づき掲載しているもので、町が何らかの評価を行ったり、お墨付きを与えたものではありません。 また、季節・時期によりその内容が異なる場合がありますので、事前にご確認いただき、ご利用ください。

画像や文章の著作権は、町または提供者にありますので、著作権法上認められた場合を除き、無断で引用・転用はできません。

高根沢町職員ブログ「高根沢町ぶろぐ課」運用方針【PDF:50KB】


お問い合わせ先

高根沢町 企画課
〒329-1292 栃木県塩谷郡高根沢町大字石末2053番地
TEL:028-675-8102 FAX:028-675-2409
お問い合わせフォームへ

お知らせ

ページの先頭へ

町の紹介